カードローン フリーローン 違い

カードローンとフリーローンの違い

銀行ではカードローンとフリーローンという商品があり、カードローンも利用目的が限定されないのでフリーローンですが、銀行の商品として扱われているフリーローンとは大きな違いがあります。

 

カードローンは一度融資限度額が決まるとその範囲内で何度でもお金を借りることができます。
たとえば50万円の融資限度額で決まったとき、20万円を借りたとすると残りの30万円はいつでも追加で借りることができ、借入残高が10万円になると40万円まで融資が受けられまが、フリーローンは50万円で融資が決まると、一度に50万円の融資がおこなわれ、あとは返済を続けるだけになり、新たに借入をしたいときは再度申込から審査を受けなければならないといった違いがあります。

 

そういったことを考えると、カードローンのほうが利便性のあるカードと言えますが、借入限度内で何度でも借りられるので、何年かかっても完済してしまうことがむつかしく、計画的な返済を考えて利用しないと生活が破たんしてしまうこともあります。

 

フリーローンは自由に借入ができないことから多少の不便さを感じることもありますが、計画通りの返済を続けていけば確実に借入残高は減っていくので、確実に返してしまうという人はフリーローンのほうにメリットが有ります。

 

カードローンとフリーローンの金利は同じ銀行で利用したとすれば、フリーローンのほうがいくらか金利は安くなりますが、どちらを利用するにしても無理のない返済計画をたてることが重要になります。

 

ローンを比較してコツを抑えて申し込みをしたほうが、使いやすいローンに出会える
引用元:借入のコツ※最短即日融資の借り入れ方法とは?

審査の甘いカードローンってどういう意味?

最近の銀行カードローンは、今でも審査が厳しいカードローンもありますが、三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」のようにアコムに丸投げのため、カードローン審査が甘いと言われるようになっています。

 

貸金業法の改正以後、大手消費者金融は銀行と提携が進み、この理由として挙げられるのが消費者金融は銀行の持つイメージと豊富な資金力が使えることと、銀行は新たに小口金融のシステムを導入するためにはばく大な費用がかかることから、お互いのメリットを生かすために提携が進んだと言われています。

 

提携により、銀行カードローンの融資条件にもあるように「当社が指定する保証会社の保証が受けられるかた」となっていて、保証会社である消費者金融の審査に通れば融資が受けられるようになっているため、いままでの銀行独自の審査基準から見ると考えられないような審査基準になっているようです。

 

審査が甘いと言われるようになった審査基準は、固定電話があり、家族構成や勤め先での勤務実態の確認がとれれば多少借り入れ額が多くあっても融資が可能になっているようで、過去に延滞や債務整理、自己破産などの経歴いわゆる金融ブラックでなければほぼ通ると言われています。

 

銀行カードローンは、銀行が申込窓口になっているだけでその他のことは全て保証会社に任せているため、延滞などがあっても保証会社が利用者に代わり代位弁済をするので銀行は損をすることがありません
代位弁済をすれば債権は消費者金融に移り、その後は消費者金融と利用者の間で連絡や督促されるようになります。